海外FX・国内FXのミラートレードは稼げるのか?
ミラートレード:「プロ投資家」や「信用性の高いプログラム」のトレードを、自動的にコピーする(ミラーする)取引手法 大雑把に言えば「上級トレーダーのAさんの取引のミラーや、Bというプログラムのミラーをする」ということですね。 「初心者が自力だけで取引をする」よりは利益が上がるかもしれませんね。

ミラートレードとEA(自動売買ソフト)の差は?

海外FXにおける「ミラートレード」と「EA(自動売買ソフト)トレード」は混同されがちですが、明確な違いがあります。
  • 取引プラットフォームの必要性
  • VPSサーバーの必要性
  • その他のソフトの必要性

取引プラットフォームの必要性

海外FXトレードをする場合は、基本的に「取引プラットフォーム(MT4かMT5)」を用意しなければなりません。 ですが、ミラートレードは取引プラットフォームがなくても始めることができます。 つまり「他の形態の取引をしないならMT4/MT5さえ不要」ということですね。これは大きなメリットです。

VPSサーバーの必要性

本題から逸れるので詳しい説明はしませんが、「VPSサーバー」というものを使わないと、24時間安定してEA(自動売買ソフト)を稼働させ続けるのが難しくなります。 しかし、ミラートレードであればVPSサーバーも不要です。 VPSサーバーは有料で使う事になりがちですが、そのコストをカットすることができます。

その他のソフトの必要性

海外FXで自動売買をするのであれば、そのための自動売買ソフトを個別にダウンロードしなければなりません。 ですが、ミラートレードであればそれもいりません。 「ほとんどのなんの準備もいらない」と言っても過言ではありません。

海外FXのミラートレードの主なメリット

すでに少し紹介していますが、他にも以下のようなメリットがあります。
  • 選びやすい
  • 入れ替え作業が少なくて済む
  • 多忙な人でも利用しやすい

選びやすい

ミラートレードを行う場合は、どの「ストラテジー(コピー元)」を使うかを選び必要があります。 しかし、ストラテジーの種類は、EA(自動売買ソフト)よりも少ないのでチョイスしやすいです。また、成績を確認する程度でも、それなりの精度で選択することが可能です。 それに比べるとEAは種類が多いぶん選択肢がたくさんありますし、運用期間・トレードスタイル・ロジックなどもチェックしなければなりません。 そのため、ミラートレードに比べると始めるためのハードルが高いです。

入れ替え作業が少なくて済む

EA(自動売買ソフト):成績が悪いときや機能更新が行われないときに、自力で成績をチェックしてEAの入れ替えをする必要がある ミラートレード:定期更新が行われるため、ストラテジーが相場に明らかに合わないときのみ入れ替えをするくらいで十分です

多忙な人でも利用しやすい

「ミラートレードを継続するためにかかる人力の作業時間」は短いですから、多忙な人にもおすすめです。 そういった観点で見ればEA(自動売買ソフト)トレードも悪くはありませんが、ここまでお伝えした通り、ミラートレードに比べると労力が大きくなりやすいです。

海外FXにおけるミラートレードの注意点

  • 複数運用がおすすめです
  • 相場とストラテジーの分析が欠かせません
  • 資金管理が重要です!

複数運用がおすすめ

一つのストラテジーだけを使うとなると、それの調子が悪いだけで損失が出てしまいます。 ですから、リスクヘッジのためにも複数のストラテジーを利用することをおすすめします。

相場とストラテジーの分析が欠かせません

「自分で何もしなくていい」というわけではありません。
  • 相場の分析
  • ストラテジーそのものの分析
  • 過去成績の分析
などが必須です。

資金管理が重要です!

「どうせ自動だから……」ということで、資金管理を軽視してしまう方が少なくありません。 ですが、資金管理は「自力でトレードをする場合と同等の精度」で行ってください。

国内FXでミラートレードはできる?すべき?

ミラートレードに対応している国内FX業者もあります。 ミラートレード関連のサービスを国内で行うためには、「投資助言業」の認定が必要ですから信頼性が高いと言えるでしょう。 ですが、国内FX業者でミラートレードを行うのはおすすめしません。 なぜなら、「最大レバレッジ倍率が海外FX業者に比べて低すぎるから」です。 国内FX:25倍まで(法的に決まっている) 海外FX:数百倍~数千倍のブローカーが多い 信頼性で言えば、国内FX業者のほうが高いのかもしれません。 ですが、海外FX業者も大手のところであれば全く問題なく利用できます。 となると、あえて「レバレッジが非常に低い=資金効率が非常に悪い」という欠点がある国内FX業者を使う意味はないと言えます。

海外FXでミラートレードをするならGEMFOREXがおすすめ!|理由は?

海外FXのGEMFOREXは、ミラートレードを行うのに向いている業者です。 理由は主に以下の通りです。
  • 種類が多い
  • 無料
  • スプレッドはそのまま
  • スマートフォンでもOK

種類が多い

GEMFOREXは100種類を超えるミラートレードのストラテジーを提供しています。 「選ぶのが大変なのでは?」と感じるかもしれませんが、GEMFOREXのサイト上では、きちんと分類した上でリストアップされていますから、自分に合うストラテジーを探しやすいです。 また、「成績ランキング」「人気ランキング」などもありますから、チョイスする際の参考にしましょう。

無料

海外FX業者のGEMFOREXが提供しているミラートレードのストラテジーは、全て無料で使うことができます。 ※ただし「ミラートレード専用口座」を作って、その口座に5万円以上入金する必要があります。しかし、その5万円は全額取引に使うことができますから、「無料」というのはウソではありません!

スプレッドはそのまま

「ミラートレードをする場合、スプレッドを上乗せする」という方針を採用している国内・海外FX業者も少なくありません。 ですが、GEMFOREXのミラートレードでは「スプレッドはそのまま」で取引をすることができます。

スマートフォンでもOK

GEMFOREXではスマートフォンでもミラートレードをすることができます。 これはEA(自動売買ソフト)では難しい芸当です。 スマートフォン用に画面が最適化されますから確認しやすいですよ。

海外FX業者の「XM」はミラートレード向きではありません

XMは日本人に大人気の海外FX業者です。 しかし、ミラートレード向きのブローカーではないと言えます。 その理由は主に以下の通りです。
  • XM自体はミラートレードを提供していない
  • 余計な手数料が発生する

XM自体はミラートレードを提供していない

XMそのものはミラートレードを提供していません。 取引用プラットフォームを使えばXMでもミラートレードができますが、GEMFOREXで行う場合と比べると手間がかかります。

余計な手数料が発生する

XMでミラートレードをすると手数料が発生する場合があります。 また、ミラートレードとは直接関係がないですが、GEMFOREXの最大レバレッジ倍率が1,000倍であるのに対して、XMは888倍です。 あまり大きな差ではないと感じるかもしれませんが、長期的にFX取引をしているとだんだん響いてくる可能性があるので、GEMFOREXをメインにする事をおすすめします。 もちろんXMも優秀ですから、二番手くらいのポジションで利用してもいいとは思いますが。