国内FX・海外FXのレバレッジルール
例えば「レバレッジ10倍」のとき、元手が1万円あれば、「10万円分の取引」をすることができます。 同じ条件でレバレッジが25倍なのであれば「25万円分の取引」をすることができます。 「レバレッジ○倍」の場合、「○万円分の取引」が可能となります。 「少額資金で大きな取引をするための手段」が海外FX・国内FXにおけるレバレッジなのですね。 別の角度から考えることも大事です。 「取引量10万円」とします。 「レバレッジ10倍」であれば、元手は1万円必要です。 そして「レバレッジ25倍」であれば、元手は4,000円。 跳ね上げて「レバレッジ500倍」の場合、元手はたった200円でOKです。
  • レバレッジが高いほうが「同じ元手」で大きな取引ができるので稼ぎやすい
  • レバレッジが高いほうが「同じ取引量」を少ない元手で扱えるのでリスクが低い
という事を覚えておきましょう。 たまに「レバレッジが高いのは危険」などと言いますが、それは基本的に間違いです。
  • むやみに大きな取引をしない
  • むやみに元手を増やさない
という事を守っていればFXトレードは原則として安全です。 恐らく、例えば「元手1万円でレバレッジが1000倍なら、1000万円も扱えるわけだから、失敗したら損失も数百万円単位に……」などと勘違いしている人が多いのだと思います。 ですがこの場合も、あくまで「失う可能性がある最大金額は1万円まで」で済みます。

国内FXの最大レバレッジ倍率は?

国内FXの最大レバレッジ倍率は今のところ「25倍まで」と決まっています。 以前はもっと高かったのですが、「投資家を守るため」という名目で一律25倍にまで下がってしまいました。 「レバレッジが低いほうが安全」と思い込んでしまっている人は多いですから、「投資家を守るためです!」という言い分に納得している方も少なくありません。 ですが、実際には基本的に「レバレッジが高いほうが安全」ですから、少し日本政府の主張に「歪み」があると考えるべきですね。 いずれにせよ、最大レバレッジが25倍では資金効率が悪いですから稼ぎにくいです。 また、「レバレッジを効かせにくい」わけで、多めの資金が必要になってしまいますから、リスクも高くなりやすいと言えます。 ですから、基本的に国内FXを利用するべきではありません。

海外FXの最大レバレッジ倍率の傾向は?

国内FX:25倍 海外FX:数百倍~数千倍のところが多い 全く違いますよね。 わざわざ国内FXを使う理由が全くありません。 ちなみに多くの海外FX業者が ゼロカットシステム:口座残高がマイナスになった場合に0に戻してくれるシステム を採用していますから「万が一のときの安全性」が高いです。 一方、法律の都合上、国内FX業者はゼロカットシステムを設けることができません。 こういった部分で見ても海外FX業者のほうが安全であると言えます。

海外FX・GEMFOREXのレバレッジルール

具体的に海外FX業者の「GEMFOREX」のレバレッジに関するルールを紹介していきます。 GEMFOREXは海外FXブローカーの中でも最大レバレッジがトップクラスで高い業者として人気です。

基本はレバレッジ1,000倍

GEMFOREXは基本的に「最大レバレッジ,1000倍」です。 海外FX業者としては珍しく、最大レバレッジの変更(例:800倍や600倍などにする)ができません。 ただ、先ほどもお伝えしましたが、
  • 無理に元手を増やさない
  • 無理に取引量を増やさない
という事を徹底していれば、「レバレッジを変更できない事」に関するデメリットはないと言えます。

レバレッジ5,000倍の口座もある!?

GEMFOREXは期間限定(不定期)・先着順で「レバレッジ5,000倍口座」を開放することがあります。
  • 取引量の下限が高い(=少額取引がしにくい)
  • 入金上限額が低い
  • 一定の利益を出したら口座が使えなくなる
つまり「ある程度稼いだら打ち止め」になる口座なのですが、口座が使えなくなるまでは、レバレッジ5,000倍という素晴らしいブーストをかけながらFX取引をすることができます。 興味がある人は検討してみましょう。

口座残高が多いと最大レバレッジが下がる

口座残高200万円以上:最大レバレッジ500倍 口座残高200万円未満:最大レバレッジ1,000倍 という決まりをGEMFOREXは設けています。 500倍でも十分高いと言えますが、最大レバレッジが下がるのが嫌だという人は口座残高が200万円を超える前に出金しましょう。

海外FX・XMのレバレッジ関連のルールは?

GEMFOREXに比べると低いですが、XMも最大レバレッジが高い海外FX業者として人気です。

基本はレバレッジ888倍・500倍

スタンダード口座・マイクロ口座:888倍 ゼロ口座:500倍 というのがXMの基本的な最大レバレッジ倍率です。 スタンダード口座:基本口座 マイクロ口座:「超少額資金取引」向きの口座 ゼロ口座:スプレッドが狭い口座 という差がありますが、スタンダード口座さえあれば、マイクロ口座を持つ意味はほとんどありません。 ゼロ口座には「スプレッドが小さい」というメリットがありますが、そのぶんスタンダード口座にない「トレード手数料」が発生してしまいますから、実際にはそこまで大きな利点があるとは言えません。 ですから、とりあえず素直にレバレッジ888倍のスタンダード口座を作りましょう。 (以降はスタンダード口座の最大レバレッジについて解説します)

口座残高が最大レバレッジに影響します

GEMFOREXと同じく、口座残高が最大レバレッジに影響します。 口座残高1,000万円~:100倍 口座残高200万円~1,000万円:200倍 口座残高200万円まで:888倍 GEMFOREXと比べて規制が厳しいですね。 口座残高が200万円を超えないようにしましょう。

マイナー通貨を扱うと最大レバレッジが下がる

ユーロドルやドル円などの主要な通貨ペアを扱うのであれば、最大レバレッジが下がることはありません。 ですが、「マイナー通貨」は価格が大きく変動しやすいため、レバレッジ規制が入ります。 例えば、 スイスフラン円:400倍 ドルトルコリラ:100倍 ドルデンマーククローネ:50倍 挙げたのはごく一部であり、他にもレバレッジ制限の対象になっている通貨ペアがたくさんあります。 「XMの最大レバレッジの高さを活かしたい」のであれば、メジャー通貨を扱うことをおすすめします。 ちなみにGEMFOREXには「扱う通貨ペアによるレバレッジ規制」は今のところないようです。

経済指標発表のときなどは最大レバレッジが下がる

  • 経済指標発表
  • 要人の発言
  • 大きな選挙
など「相場が大きく変動することが明らかであり、変動の仕方が通常よりも予想しやすいとき」にも最大レバレッジが下がる場合があります。 ちなみにほとんど全ての海外FX業者に言えることですが、「普段はFX取引をほとんど行わず、経済指標発表のときなどのみ取引をする」という「ズルい取引スタイル」を取っていると、口座凍結などのペナルティが発生する恐れがあります。 「経済指標発表時に取引をする」こと自体には何の問題もありませんが、普段からもコンスタントに取引をすることを心がけてください。 「そんなの当たり前では?」と感じるかもしれませんが、複数の海外FX業者に口座を持っていると、偏りが出てきてしまってもおかしくありません。

最大レバレッジで考えるとGEMFOREX・XMのどちらが優秀?

「最大レバレッジ1,000倍&口座残高によるレバレッジ規制がゆるい」ですから、GEMFOREXのほうが優秀であると言えるでしょう。 トータルで見れば、もちろんXMも優れた海外FX業者ですけどね。