Tradeview出金拒否の真相【最新情報】

とうとう国が副業を推奨するようになり、リスクのある投資までプッシュするようになりました。
日本ももういよいよという感じですが、そういった中でFXを始める方も増えてきているようです。
国内FXと海外FXであればやはり海外FXのほうが条件的には恵まれているのですが、海外FX業者だからこそ見極めが大切になってきます。
そこで今回は数ある海外FX業者の中から、Tradeviewについて出金拒否があるのかどうか、またTradeviewで出金できないときに考えられる原因について詳しく触れていきたいと思います。

Tradeviewに出金拒否はあるの?

さっそくですが、Tradeviewに出金拒否があるのかという部分からお話ししていきましょう。
結論から言ってしまうと、Tradeviewでは出金拒否をおこなっています。
ただ、だからといってTradeviewが悪徳な海外FX業者であるというわけではありません。
というのも、出金拒否には主に2つのパターンがあるからです。
ひとつは悪質なFX業者が一方的におこなっている理不尽な出金拒否です。
一般的にイメージされる出金拒否というのは、このタイプでしょう。
もうひとつはユーザー側に問題があって、その問題に対処する形で正当な理由に基づいておこなわれる出金拒否です。
これは大手の優良なFX業者でもおこなっているもので、この出金拒否の場合にはどちらかというとユーザー側に非があります。
Tradeviewがおこなっている出金拒否というのは、後者のタイプになります。
つまり、悪質なFX業者がおこなっているような理不尽な出金拒否はおこなっておらず、あくまでもユーザーに問題がある場合にのみ出金拒否をおこなっているということです。

Tradeviewにおける過去の出金トラブル

海外FX業者にもいろいろな選択肢がありますし、その中でチェックしていくポイントもたくさんあります。
そのひとつに過去の出金トラブルが挙げられます。
過去にどのような出金トラブルがあったのか、その出金トラブルがどれくらいの規模で起こったのか、その出金トラブルにどのような対応をしたのかといった部分で、FX業者の質を判断していくことができます。
ただ、Tradeviewの場合にはそもそも過去の出金トラブルそのものがありません。
それだけ健全な運営を続けてきたということでしょうから、これはこれでひとつの安心材料になりますし、FX業者としての信頼性にもつながってきます。
また、TradeviewについてはTwitter上でもリサーチしてみたところ、いくつか出金拒否を訴えている投稿が見受けられました。
出金拒否を訴える投稿を含めて、いくつか気になったものをピックアップしてみます。

「Tradeviewとその他の海外FX業者でも出金拒否にあった」
「Tradeviewで無事に出金できた」
「出金に関する悪評がなかったのがTradeviewを選んだ決め手になった」
「Tradeviewで出金拒否はないものの、出金に関するレスポンスが悪い」

全体的にTradeviewの出金拒否を訴える投稿よりも、Tradeviewでの出金ができた報告やTradeviewをおすすめする声のほうが目立っていました。
レスポンスの悪さが出金拒否の投稿につながっている可能性も十分にあります。

Tradeviewで出金できないときに考えられる原因

では、最後にTradeviewで出金できないときに考えられる原因についても詳しく見ていきましょう。
基本的に出金ができなくなったときには、ユーザー側に何かしらの原因があると考えたほうがいいです。

海外からの受け取りができない銀行を選んでいる

Tradeviewでの出金に限ったことではないのですが、そもそも海外からの受け取りができない銀行というものも存在します。
そういう銀行を出金先として選んでしまうと、当然その出金申請は拒否されてしまいます。
一例ですが、以下の銀行は海外からの受け取りができないので注意しておきましょう。

海外からの受け取りができない銀行
  • 新生銀行
  • みずほ銀行のネット支店
  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行

海外からの受け取りができるかどうかは、SWIFTコードの有無で判断できます。

入出金のルールを理解していない

これもTradeviewに限ったことではないのですが、マネーロンダリング防止の観点から出金は入金したときと同じ方法でなければいけません。
Bitwalletで入金したのであればbitwalletでの出金という形です。
ただし、クレジットカードでの入金に関しては入金した金額までクレジットカードへ出金することになり、それ以上の金額は他の出金方法を選択する必要があります。
クレジットカードの出金はショッピング利用のキャンセルや返金と同じ扱いになりますので、入金額以上の出金はできません。

登録したときの情報と出金先の情報が異なる

Tradeview に登録したときに個人情報を入力しているかと思います。
出金にあたって、出金先の情報が登録時の情報と違っていると出金ができなくなってしまいます。
情報の入力ミスを防ぐのはもちろん、もし引っ越しなどで情報が変わる場合には早めに対処しておくようにしましょう。

最低出金額や上限金額の条件をクリアしていない

Tradeviewでは最低出金額や上限金額の条件をクリアしていないと出金ができません。

出金方法 最低出金額 上限金額
bitwallet 1ドル以上 無制限
クレジットカード 条件なし 入金額と同額まで
STICPAY 条件なし 無制限
bitpay 条件なし 無制限
銀行振込 35ドル以上 無制限

ちなみに、銀行送金は手数料が35ドルかかりますので、手数料を含めた35ドル以上から出金が可能となっています。

証拠金維持率100%以下で出金しようとしている

Tradeviewではポジションを保有しているときは、証拠金維持率100%以下になるような出金はできません。
証拠金維持率100%以下になるとロスカットになりますので、余裕を持った対応をしていきたいところです。
Tradeviewではポジション保有中に出金する場合には、証拠金維持率が100%を上回る必要があるのです。

悪質だと思われるような行為をしてしまった

Tradeviewでは基本的に取引における禁止事項といったものを設けていません。
自由に取引ができるのも魅力になっているのですが、それでも接続遅延・レートエラーを利用した取引はサーバーの負担になるため、やめておいたほうがいいでしょう。
また、規約を見るとTradeviewはポジションを制限する権利や注文を拒否する権利、不正確な価格の取引を通じて得た取引利益を回収する権限を持っていますので、Tradeviewが「これは悪質だ」と判断した場合には、ポジションを取り上げ、利益の取り消し・利益の出金拒否をする可能性があります。
ごく一般的なトレードであれば問題はありませんが、不安要素のある取引はTradeviewではおこなわないことです。