SvoFX出金拒否の真相【最新情報】

とうとう真面目に働くだけでは生きていけない世の中になってきました。
現代人の心が荒んでしまうのも仕方のないことです。
せめて先々のためにお金だけでも……という方が増えているのか、効率よく資産を増やしていける海外FXの人気が高まっています。
海外FX業者もピンキリなので、しっかりと吟味していきたいところです。
そこで今回は数ある海外FX業者の中からSvoFXについて、出金拒否があるのかどうか、またSvoFXで出金できないときに考えられる原因について解説していきたいと思います。

SvoFXに出金拒否はあるの?

先に結論から言ってしまうと、SvoFXに出金拒否はあります。
ただ、だからといってSvoFXが悪質な海外FX業者であるというわけではありません。
出金拒否には主に2つのタイプがあります。
ひとつは一般的にイメージされるような悪徳FX業者がおこなう理不尽なもの、もうひとつはユーザー側に問題があってFX業者が正当な理由に基づいておこなうものです。
つまり、出金拒否をおこなっているからといってすべてのFX業者が悪徳業者というわけではなく、大手の優良なFX業者でも正当な理由があれば出金拒否をおこなうわけです。
それが健全な運営のためにもなります。
SvoFXでも出金拒否の報告はありますが、SvoFXの出金拒否はあくまでもユーザー側に問題があってのものなので心配する必要はありません。

SvoFXにおける過去の出金トラブル

海外FX業者を吟味していく上で、ポイントになってくるのが過去の出金トラブルです。
過去にどのような出金トラブルが起こっているのか、それがどれくらいの規模のものがったのか、その出金トラブルが起こったときにどのような対応をとったのか……こういった情報から海外FX業者の質というのはある程度、判断できるでしょう。
SvoFXの場合、過去に出金トラブルは特に起こしていないようです。
過去に出金トラブルがないということは、それだけ健全な運営を続けているということで大きな安心材料になります。
ちなみに、SvoFXについてTwitter上でリサーチしてみたところ、ほんの数人でしたが「出金拒否された」といった投稿が見受けられました。
ただし、出金に関しては出金拒否に関する投稿よりも「出金できた」「出金がスピーディーだった」といったポジティブな投稿のほうが圧倒的に多い印象でした。
出金拒否に関する投稿はその後がわからないものも多いため、SvoFXが悪質な出金拒否をしているという根拠としてはやや薄いと言えるでしょう。

SvoFXで出金できないときに考えられる原因

基本的にSvoFXは安心して利用できる海外FX業者のひとつと言えるでしょう。
ただ、今後SvoFXを利用していく中で出金ができなくなることもあるかもしれません。
SvoFXは悪質な出金拒否をおこなっていないので、もし出金ができなくなったとしたらユーザー側に何かしらの原因がある可能性が高いです。
最後に、SvoFXで出金できないときに考えられる原因についていくつかご紹介しておきたいと思います。

銀行口座情報を登録していない

SvoFXで資金を出金するためには、銀行口座情報を事前に登録しておく必要があります。
当たり前のことなのですが、当たり前のことほど忘れがちなのが人間という生き物でもあります。
事前に銀行口座情報を登録して、登録の際にも情報に誤りがないようにしておきましょう。

アカウントの名義人と銀行口座の名義人が異なっている

SvoFXに限ったことではないのですが、基本的に海外FX業者ではマネーロンダリング防止のためアカウントの名義人と銀行口座の名義人が違っている場合、出金はできません。
例え、家族であってもNGです。
自分の名前で登録し、自分の口座へ出金するようにしましょう。

出金ウォレットの選択にミスがある

SvoFXは海外FX業者の中でも、特に資金管理機能が充実しています。
とても便利ではあるのですが、複数の口座とウォレットを持つことになりますので、ユーザー自身が選択を間違えてしまうこともあります。
残高のある口座やウォレットからの申請のつもりだったのに、残高のない口座やウォレットを選んでしまうといったミスもあるでしょう。
そういった場合には、当然出金拒否となってしまいます。
ちなみに、口座残高をすべて出金したいというときには、任意の口座に資金をすべて集めてから出金するようにしてください。

クレジットボーナスを出金しようとしている

SvoFXは入金キャンペーンを開催しており、入金額に対してボーナスクレジットが付与されるようになっています。
ただ、このクレジットボーナスを出金することはできませんので、クレジットボーナスを出金しようとすれば当然その出金申請は拒否されることになります。
キャンペーンによってはボーナスクレジットが出金可能な残高に交換できる場合もありますので、そういったときのみ出金をおこなうようにしてください。

海外銀行送金に対応していない金融機関へ出金しようとしている

海外銀行送金に対応していない銀行や信金へ出金しようとした場合も出金拒否となります。
SvoFXは海外FX業者になりますので、出金の際に利用する金融機関は海外銀行送金に対応していなければいけません。
事前に確認しておきましょう。

SWIFTコードなどの入力ミス

SvoFXに銀行口座を登録する際には、SWIFTコードの登録も必要になってきます。
普段、あまり利用することがないために入力ミスをしてしまうケースも少なくありません。
SWIFTコードを含めて、情報は正確に入力していくようにしましょう。
少しでもミスがあるとそれで出金拒否となってしまいます。

前回の出金申請が完了していないのに再度出金申請をしている

SvoFXでは1回の出金申請が承認されて、着金するまでは次の出金申請ができない仕様となっています。
前回の出金申請が完了していないうちに再度出金申請をすると受け付けてもらえません。

既定の証拠金維持率を下回る出金をしようとしている

ポジションを保有している状態で出金する場合、出金後に規定の証拠金維持率を下回るようであればその出金申請は拒否されてしまいます。
ロスカットを防止なので、仕方ありません。

禁止されている取引をしている

SvoFXでは取引方法に特に制限を設けていないのですが、だからといって何でもありというわけではありません。
ゼロカットシステムの悪用などがあれば、出金拒否となります。

不可抗力の状況が発生してしまった

SvoFXにとって不可抗力の状況が発生した場合には、出金できないこともあります。
例えば、自然災害や異常気象、戦争、テロ行為、第三者の違法行為などが該当します。
実際にSvoFXの公式サイトにも、こういった不可抗力の状況が発生した場合には出金の責任は追えないと明記しています。
今のような時代だからこそ、こういった原因での出金拒否も覚悟しておいたほうがいいかもしれません。