MYFX Marketsの出金拒否の噂って本当?真相を徹底調査してみた!

2013年に設立され長く運営され続けている、海外FX業者MYFX Markets(マイエフエックスマーケッツ)。しかし日本語に対応したのはつい2年前と比較的最近である事から、「どんな業者なのだろう?」と情報を集めている方も多いのではないでしょうか?
MYFX Marketsについてネットで調べてみると気になるのが、過去に大規模な出金拒否があったという噂。もしもMYFX Marketsが出金拒否をするような悪徳業者なら、大事な資金を預けるわけにはいきませんよね。
そこでこの記事では、MYFX Marketsにまつわる出金拒否の噂を徹底調査して、安全に利用するための対処法をまとめました。MYFX Marketsの利用を検討中の方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【結論】規則に違反しなければMYFX Marketsの出金拒否はまずあり得ない

まずは結論からお伝えします。当サイトが調べた結果、MYFX Marketsは第3者機関であるセントビンセント・グレナディーン諸島からも金融ライセンスの認可を受けている、安全なFX業者だということがわかりました。不正行為を働く業者が、ライセンス資格を持ち続けることは出来ません。このことからも、業者側の不正によるMYFX Marketsの出金拒否はまず心配がないと判断することが出来ます。過去の出金拒否トラブルについても後述しますが、MYFX Marketsの不正による出金拒否ではありませんでした。
ですが、定められた利用規約に違反すればもちろんペナルティとして出金拒否もあり得ます。これは、MYFX Marketsが信頼のおけない業者だからではなく、身近な国内の証券会社でも考えられる当然のリスクであると言えるでしょう。
大切なのは、何がOKで何がダメなのか、MYFX Marketsの利用規則を正しく理解しておくことです。そこで次の章では、MYFX Marketsを利用する上での注意点を簡潔にご紹介していきますね。

MYFX Marketsで出金拒否されないために知っておきたいこと3選

MYFX Marketsでは、公式ホームページのリーガルドキュメント内で取引に関する禁止事項が明記されています。この章では、その中から出金拒否につながる可能性のある規約を3つご紹介いたします。

1.複数口座や他業者との両建ての禁止

MYFX Markets内での両建ては、同一口座内であれば認められています。しかし、複数口座間や他業者口座との両建ては禁止です。
両建てとは、同じ通貨内で「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有するFX上の手法です。複数口座間で両建てを行うと損失した側の口座にゼロカットシステムが働くため、トレーダーはリスクなく利益を獲得できることになり、業者側が不利益を被ってしまうのです。そのため、MYFX Marketsに限らずほとんどの業者で複数口座間での両建ては禁止されています。
複数口座や他業者間での両建ては悪意がなくても、知らないうちに当てはまっていたというケースも多数。最悪出金拒否のペナルティを受けてしまいますので、トレードに慣れないうちは特に気をつけておきましょう。

2.裁定取引(アービトラージ)の禁止

裁定取引(アービトラージ)も使えません。裁定取引とは、通貨ペアや業者間レートの一時的な価値の差を狙って、同一商品の価格が安い方を買い、高くなった方を売るという手法です。リスクなく利益をとっていくことが出来るため、業者に嫌われやすい手法のひとつです。例外なく、MYFX Marketsでも禁止されています。アービトラージがばれてしまうと出金拒否につながりますので、こうしたシステムの抜け穴を狙うような取引手法は控えておきましょう。

3.手続き上の一時的な出金拒否

上記2点のような悪質な規約違反の他にも、手続き上一時的に出金拒否の対応をとられることもあります。
例えば、決まった出金方法以外の出金先を指定した場合です。MYFX Marketsでは、違法な手段で入手した資金の出どころを不明にするための『マネーロンダリング』を防ぐ観点から、入金先と出金先を同一にするというルールが定められています。例えば、クレジットカードで入金した金額までは、クレジットカード宛てに出金する必要があります。これを無視して銀行送金を選択した場合、その出金は受け付けられず拒否されてしまいますので注意しましょう。
また、クレジットカード・銀行送金で出金する場合には、1件につき2,000円の手数料がかかります。この手数料分を所持していなかった場合も出金は出来ませんので覚えておきましょう。

以上3点が、MYFX Marketsで出金拒否につながる可能性のある注意事項です。いずれにしても業者側が不正や詐欺行為を働いて出金を拒否するものではありません。利用規約を正しく理解して、公正な取引を行うように心がけましょう。そうすれば、出金拒否を過度に心配する必要は全くありません。

ネット上で噂になっているMYFX Markets出金拒否の真相は?

MYFX Marketsでは過去に大規模な出金拒否騒ぎが起こったことがあるのも事実。その点を不安に感じている方もいらっしゃる事でしょう。
この時の真相として、当サイトが調べた見解をまとめさせていただきます。
当時MYFX Marketsでは大規模なボーナスキャンペーンが行われており、そのボーナスを狙った組織的な不正が行われた時期がありました。MYFX Markets側は不正を働いたユーザーに対して出金拒否と元金の返金を行いましたが、ボーナスを使った複数口座間の両建てやボーナス狙いの複数口座開設が相次ぎ、やむを得ずボーナスキャンペーンを告知なく縮小したのです。そのため、不正を働いていない他のユーザーもボーナス消失によるロスカットの被害を受けてしまい、『MYFX Marketsに出金拒否された』という趣旨の口コミが広がったようです。
現在、当時のボーナスキャンペーンの急な内容変更により被害を受けたユーザーへは順次返金対応が行われています。MYFX Marketsはこの件に関して終始誠実な対応に徹していますが、一度悪い口コミが広がるとなかなかネット上からは消えないのも事実。噂に惑わされすぎず、公式サイトなどの公平な情報から良し悪しを判断することも大切です。

万が一MYFX Marketsに出金拒否された場合の対処法は?

それではもし万が一、MYFX Marketsを利用していて実際に出金拒否を受けた場合はどう対処すればよいのでしょうか?
出金拒否をされた場合、『知らない間に利用規約に違反していた』というケースが大半だと思われます。そのためまずはMYFX Marketsのサポートセンターにコンタクトをとり、直接対応策を確認することが重要です。
MYFX Marketsは現在日本語に完全に対応しており、サポートの丁寧さでも評価を得ています。問い合わせ方法は、メール・チャット・電話の3種類。不安な点があれば、どんどん活用するようにしていきましょう。

まとめ

MYFX Marketsは、日本語対応したのは最近ですが、公式サイトの作りも丁寧で初心者にも利用しやすい海外FX業者のひとつです。また、他業者に比べスプレッドの幅も狭く約定力も高いので、スキャルピングなどのテクニックを用いた取引手法を好む方にも好まれています。過去のトラブルを元とする悪い噂も流れていますが、規約を正しく理解して、普通に利用する限りは出金を拒否されることはまずありません。まずは正しい利用方法を知って、恐れず少額から挑戦してみましょう。あなたのMYFX Marketsでのご活躍を心より応援しています。