MiltonMarketsの出金拒否の噂って本当?真相を徹底調査してみた!

大手海外FX業者に比べると利用者が少なく情報を集めづらい、MiltonMarkets(ミルトンマーケッツ)。しかし実は、スプレッドが狭く約定スピードも速いため、スキャルピング取引を好む方にとっては大変使いやすい業者です。ボーナスキャンペーンも豊富で少額から取引が出来るため、新規参入を検討されている方も多いのではないでしょうか?しかし、気になるのが過去に出金拒否を受けた人がいるというネット上の噂。せっかく増えたお金が引き出せない事態があっては大変です。そこでこの記事では、MiltonMarketsにまつわる出金拒否の噂を徹底調査して、安全に利用するための対処法をまとめました。MiltonMarketsの利用を検討中の方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【結論】規則に違反しなければMiltonMarketsの出金拒否はまずあり得ない

まずは結論からお伝えします。当サイトが調べた結果、MiltonMarketsは第3者機関であるバヌアツ金融サービス委員会(VFSC)の認可を受け運営を行っている、安全なFX業者だということがわかりました。不正や詐欺を行うような悪徳業者であれば、金融ライセンスを持ち続けることは出来ません。ライセンスを取得してから年数も経過していることから、普通に利用している限り、業者側の不正で出金拒否を受ける可能性はないと言えるでしょう。
ですが、定められた利用規約に違反すればもちろんペナルティとして出金拒否もあり得ます。これは海外業者だから信頼ができないのではなく、国内の証券会社でも十分考えられるリスクです。大切なのは、何がOKで何がダメなのか、MiltonMarketsの利用規則を正しく理解しておくこと。そこで次の章では、MiltonMarketsを利用する上での注意点を簡潔にご紹介していきますね。

MiltonMarketsで出金拒否されないために知っておきたいこと5選

MiltonMarketsは『EA取引(自動売買)』『スキャルピング取引』『同一口座内の両建て』などの手法が公式に認められており、比較的自由に取引しやすい業者です。ですが、禁止事項ももちろん定められていますので、規約に違反すれば最悪出金拒否もあり得ます。そこでこの章では、出金拒否につながる可能性のあるMiltonMarketsの規約を5つピックアップしてまとめてみました。

1.リベートの獲得目的や詐欺的な行為が疑われる場合

リベート、つまり紹介料を目的とした詐欺的な行為はMiltonMarketsでは認められていません。ひとりでいくつもアカウントを作成して紹介料を複数獲得したり、ティア制度を悪用してボーナスを得たりといった行為を行えば、ペナルティを受け出金を拒否されてしまいます。絶対にやめておきましょう。

2.口座が第三者によって管理されている場合

MiltonMarketsに限らず、FX取引は必ず口座名義本人によって管理する必要があります。いわゆる『名義貸し』は、重大な規約違反に当てはまりますので決して行わないようにしましょう。奥様がご主人の名義で取引を行うのもNGです。「口座開設」「口座の利用」「入出金」などの取引は、すべてご自身の名義で行うよう心がけてください。

3.複数口座間・特定グループ内でのヘッジ取引及び疑わしい取引

複数の口座や、特定のグループ内で両建てを行ったり、裁定取引を行ったりといった行為は、リスクなく利益を取得できることになり業者側の損失が大きくなるため固く禁止されています。このような不正がばれた場合には出金拒否を受けても文句は言えませんので、くれぐれも注意しましょう。

4.システム欠陥や市場の構造を利用した取引及び疑わしい取引

システムの欠陥をついたり、市場の構造を利用したりして儲けを狙う取引も禁止されています。具体例は明示されていませんが、他の多くの海外FX業者でも禁止されているように、週明けの窓開けのみを狙った取引等は違反に当てはまるリスクが高いため非常に危険です。故意に狙うのは控えた方が良いでしょう。

5.レバレッジ、ボーナス等を悪用した投機的な取引

レバレッジやボーナスを悪用した取引も禁止事項に含まれています。『投機的』、つまり投資をせず短期的に資金を増やすような手法はMiltonMarketsでは嫌われています。ボーナスを使ってレバレッジを高くかけ、少しでも利益が出ればすぐに引き出すような手法を何度も繰り返しているとペナルティを受けかねませんので気をつけましょう。

以上の5点が、特にMiltonMarketsの利用で出金拒否を受ける可能性の高い規約違反です。このように列挙すると、沢山あるように感じるかもしれません。ですが、他の海外FX業者と比較してみるとMiltonMarketsは規制が少なく、定められている規約は必要最低限のルールのみといった印象です。普通に取引を利用していれば、まず当てはまることはありません。規約を正しく理解して、違反事項に抵触しないように公正な取引を行いましょう。

出金拒否にまつわるMiltonMarketsの噂はある?

実際に、過去にMiltonMarketsで出金拒否はなかったのか、ネット上で口コミと噂を調べてみました。
調べてみたところ、規約違反が原因で、利益分の出金拒否を受けたケースが見つかりました。元手に関しては返金手続きを行ってくれています。
また、違反さえなければトラブル時にも誠実に対応していただけるようです。日本語でサポートを受けられるのは大変心強いですね。
他にも検証してみましたが、業者側が故意に不正を働いて出金拒否を行ったという事実は見当たりませんでした。

万が一MiltonMarketsに出金拒否された場合の対処法は?

では万が一、MiltonMarketsを利用していて出金拒否を受けた場合はどう対処すればよいのでしょうか?
出金拒否をされた場合、知らない間に利用規約に違反しているケースが大半だと思われます。そのためまずはMiltonMarketsのサポートセンターにコンタクトをとり、直接確認することが重要です。
MiltonMarketsは日本語でのサポートが充実しており、窓口もメールだけではなくチャットサポートも用意されています。また、Twitterアカウントがあり、SNSからの問い合わせにも丁寧に対応してくれています。MiltonMarketsのサポート面には定評がありますので、不安な点があれば、どんどん活用するようにしていきましょう。

まとめ

MiltonMarketsは海外FX業者の中では禁止事項も少なく、さまざまな手法を試すことの出来る非常に取り組み甲斐のある取引所です。両建てやスプレッド、さらに自動売買も認められている業者はそう多くはありません。ハイレバレッジをかけることが可能ですので、少しの元手から大きな金額を狙う事も可能。しかし追証なしのゼロカットシステムが約束されているため、元手以上の大きな借金を背負うリスクもありません。海外FXに慣れてきた熟練の方にも、初心者にも共にオススメしやすい取引所と言えるでしょう。
出金拒否を受けた海外FXトレーダーの噂を目にすると不安も感じる事もあるかもしれませんが、規約を正しく理解して、普通に利用する限りは出金を拒否されることはまずありません。まずは正しい利用方法を知って、恐れず少額から挑戦してみましょう。入出金を繰り返しながら利用を続けるうちに、少しずつコツがつかめてくるはずですよ。あなたのMiltonMarketsでのご活躍を心より応援しています。