HotForexの出金拒否の噂って本当?真相を徹底調査してみた!

取り扱い銘柄が豊富な海外FX業者として有名な、HotForex(ホットフォレックス)。CFD銘柄を含めると取引銘柄の総数は1,000銘柄を超えるというだけあって、他所では取り扱いのないこだわりの銘柄を試してみたいトレーダーの間では人気の高い業者です。しかし、気になるのが出金拒否をされた人がいるというネット上の噂。出金拒否をするような悪質な業者には、大切な資金を任せることは出来ませんよね。そこでこの記事では、HotForexにまつわる出金拒否の噂を徹底調査して、安全に利用するための対処法をまとめました。HotForexの利用を検討中の方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【結論】規則に違反しなければHotForexの出金拒否はまずあり得ない

まずは結論からお伝えします。当サイトが調べた結果、HotForexは英国金融行動監視機構(FCA)をはじめとする計6か国から金融ライセンスの認可を受けている、大変安全なFX業者だということがわかりました。詳しい登録番号は、公式ページの『規制とライセンス』というページに列挙されています。気になる方は、k公式サイトを確認してみてくださいね。
ライセンスを取得している限り、通常に利用する範囲で業者が不正を行って出金拒否をするというケースはまず考えられません。むしろSNS上の口コミを調べてみると、他の海外FX業者に比べて出金がスピーディーであると高い評価を受けていました。
ですが、定められた利用規約に違反すればもちろんペナルティとして出金拒否もあり得るでしょう。これは、設立から間もない海外業者だからではなく、国内の証券会社でも考えられるリスクです。大切なのは、何がOKで何がダメなのか、HotForexの利用規則を正しく理解しておくことです。次の章では、HotForexを利用する上での注意点を簡潔にご紹介していきますね。

HotForexで出金拒否されないために知っておきたいこと6選

HotForexで出金拒否につながる可能性のある規約6つをピックアップしてまとめてみました。

1. 本人名義の銀行口座やクレジットカードを使おう

HotForexでは、他人名義の銀行口座やクレジットカードで取引を行う事は出来ません。奥様がご主人の名義で取引を行うのもNGです。また、会社名義と個人名義の混同も出来ないので注意が必要です。「口座開設」「口座の利用」「入出金」などの取引は、すべてご自身の名義で行いましょう。

2.入金額までは入出金方法を同じにしよう

HotForexでは、入金額を超えるまでは入金方法と出金方法を揃える必要があります。異なる出金方法を選択しようとした場合、出金拒否を受ける可能性があるので注意しましょう。
利用できる入出金方法は、以下の通りです。

入出金方法 入金時の反映時間 出金時の反映時間
クレジットカード 10分以内 出金不可
銀行送金 10分以内(土日除く) 最大2営業日
bitwallet 10分以内(土日除く) 即時
BXONE 10分以内 即時

Bitwallet、BXONEといったオンラインウォレットを利用すると、HotForexから即時出金することが可能です。出金拒否に不安のある方は、これらを利用するとすぐに結果がわかるので安心ですね。ただし、オンラインウォレットから銀行へ送金するときに日数がかかりますので、出金手続きは余裕をもって行うようにしましょう。
また、出金時はクレジットカードを指定することは出来ません。クレジットカードを使って入金を行った場合は、銀行もしくはオンラインウォレット2種を含む合計3種類の出金方法から選択することが出来ますよ。
なお、入金額以上に増えた資金を引き出す場合の出金方法に制限はありません。

3. 土日祝日には出金の反映が遅れることを考慮しよう

銀行送金で出金する場合、土日祝日を挟むと出金の反映が月曜日になる可能性があります。金融機関によっても異なりますが、土日祝日には出金の反映が遅れる可能性があることを考慮しておきましょう。

4. 出金前に資金をMyウォレットに移しておこう

HotForexでは、出金予定の資金をまずMyウォレットというお財布口座に移しておく必要があります。Myウォレットに移していない金額の出金は拒否されてしまいます。忘れないように移動させておきましょう。

5. 出金先情報の入力ミスに気をつけよう

出金先情報の入力に誤りがあると、確認のために通常よりも出金に時間がかかる場合があります。場合によっては、本人確認書類の再提出を求められる場合もあるようです。本人確認がきちんととれるまでは出金拒否を受けてしまいますので、書類を求められた場合には速やかに提出を行うようにしましょう。

6. 複数口座間での両建てに注意しよう

他の海外FX業者と同じく、HotForexでも複数口座間や異なる業者間での両建ては禁止されています。
両建てとは、同じ通貨内で「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有する手法のこと。複数口座間で両建てを行うと損失した側の口座にゼロカットシステムが働くため、トレーダーはリスクなく利益を獲得できることになり、HotForex側が不利益を被るからというのが禁止されている大きな理由です。
同一口座内での両建ては禁止されていませんので、安心してくださいね。
複数口座間での両建ては悪意がなくても、知らないうちに当てはまってしまうケースも多数。トレードに慣れないうちは、両建てには特に慎重になった方が良いと言えるでしょう。

以上の6点が、特にHotForexの利用で出金拒否を受ける可能性の高い規約違反です。正しく理解して、違反事項に抵触しないようにくれぐれも注意しながら取引を行いましょう。

実はSNS上でのHotForexの出金拒否の噂は海外のものがほとんど

SNS上でHotForexの出金拒否の噂が流れていることもありますが、これらの出どころは実はほとんどが海外ユーザーからのもの。日本国内ではまだそういった出金拒否に関する口コミは出ていません。また、海外ユーザーの出金拒否の真相も怪しいもの。異なる口座間での両建てなどの規約違反で稼いだ後に出金手続きをしようとして拒否され、逆上したトレーダーが口コミしたケースも見受けられました。いずれにしろ正しくHotForexを利用して出金手続きを行えば、不当に出金拒否されることはまずありません。根拠のない口コミに惑わされすぎず、公式の利用規約等で取引のための正しい知識を学んで取り組むようにしましょう。

万が一HotForexに出金拒否された場合の対処法は?

万が一、HotForexを利用していて出金拒否を受けた場合はどう対処すればよいのでしょうか?
出金拒否をされた場合、知らない間に利用規約に違反しているケースが大半だと思われます。そのためまずはHotForexのサポートセンターにコンタクトをとり、直接確認することが重要です。
HotForexでは公式サイト内にお問い合わせフォームが準備されており、日本語での問い合わせにもきちんと対応がなされています。不安な点があれば、どんどん活用するようにしていきましょう。

まとめ

HotForexは、2022年10月に大幅リニューアルが行われたことで、操作性が高くボーナス内容も非常に充実しています。そのためネット上でも今特に話題を集めているホットなFX業者。その分悪評や出金拒否の噂を目にする事もあるかもしれませんが、規約を正しく理解して、普通に利用する限りは出金を拒否されることはまずありません。まずは正しい利用方法を知って、恐れず少額から挑戦してみましょう。入出金を繰り返しながら利用を続けるうちに、少しずつコツがつかめてくるはずですよ。あなたのHotForexでのご活躍を心より応援しています。