ゲムフォレックスは信託保全?それとも分別保管?
自宅にいながらネット環境とパソコン・スマホがあれば資産運用できるFXトレードは、今や本業のみならず副業としても大きな注目を集めている人気投資手段の1つです。 国内FX業者は日本の金融庁の影響で様々な規制がかかり、あまり大きな勝負を仕掛けることは出来ないものの、海外FX業者の場合には、1,000倍や3,000倍といったハイレバレッジ、追証の必要がないゼロカットシステム、豪華なボーナスキャンペーンなど、海外FX初心者や資金の少ないFXトレーダーにとって魅力的な条件が揃っています。 海外FX業者がたくさん存在する中、多くの日本人トレーダーに人気のFX業者の一つに『ゲムフォレックス』があります。このゲムフォレックス、世界最狭水準のスプレッドや魅力満点のボーナスキャンペーンなど、トレーダーの心をくすぐる様々な仕様でFXトレードを楽しませてくれるのです。 しかしそんなゲムフォレックスでも、自分の大切な資産を預けるわけですから「大切な資産を預けて大丈夫なのだろうか?」と、不安になる方もいるのではないでしょうか? 今回は、世界トップクラスの人気と実力を誇るゲムフォレックスの資産管理方法と、信託保全・分別保管に関する情報について見ていきます。

ゲムフォレックスには信託保全があるのか?

FX業者に選ぶ際にぜひ注目しておきたいのが『信託保全』があるかどうかです。 この信託保全とは、サービスを提供しているFX業者が顧客資産を保証するための資産管理方法の一つ。 顧客資産(証拠金)を、FX業者の固有の資産としてではなく、顧客の資産として分けて管理するため、信託銀行と信託契約を締結し、顧客資産をFX業者と切り離して保管するものとなります。 そのため、万が一FX業者が倒産した場合でも顧客の大切な資産は守られます。 この信託保全をFX業者が導入しているかどうかは、トレーダーにとって非常に重要なポイントになります。 では、ゲムフォレックスは信託保全を導入しているのか?というと「ゲムフォレックスは信託保全を導入していない」です。 ゲムフォレックスの公式サイトのFAQのページを見てみると、ゲムフォレックスの資産管理に関する記載として“お客様の運用資金と同額の資金を分別保管しております。”と書かれています。 つまり、ゲムフォレックスでは信託保全は導入していませんが、『分別保管』という別の管理方法で顧客資産を保管しているわけですね。

ゲムフォレックスの資産管理方法とは?

そこで気になるのは、分別保管とはどのような管理方法なのか?ということです。 信託保全ほど安全とは言えませんが、分別保管もしっかりとした資産管理方法の一つ。 分別保管とは、顧客資産と証券会社や信託銀行が保有しているFX業者の資産とを分けて管理する方法のことを言います。この管理方法は法律で定められている管理方法であり、しっかり分別管理されている資産に関しては、会社が突然破産状態になってしまったとしても資産が戻ってくる仕組みになっています。 ゲムフォレックスでは「会社の資産と顧客資産を金融機関で分別管理しているわけではなく、顧客資産と同額の資金を信託銀行にて分別保管している」ということを行っています。つまり、他のトレーダーから預かっている資産を別のトレーダーの利益に充当しているわけではなくて、常に預かっている資産以上の資金を分けて保管しているということなります。これであれば信託保全にも似た安心感がありますね。

ゲムフォレックスの資産管理における注意点

さて、ゲムフォレックスでは分別保管によって資産管理していると述べてきましたが、ここからは分別保管における注意点について見ていきましょう。 分別保管はしっかりとした資産管理方法の1つではありますが、顧客資産と同額を信託銀行に預けているだけなので、もしゲムフォレックスが倒産した場合、資産が返ってこない可能性もあります。 そのため、ゲムフォレックスだけに口座を作り資産を預けるのではなく、他のFX業者、もしくは銀行にも分散管理してことが大事です。分散管理をしておけば、ゲムフォレックスで資産を失ったとしても他の金融機関にも資産を預けているため一文無しになるという心配がなくなります。 自分の大切な資産をすべて失うことがないよう、きちんと資金管理はしておきましょう。

ゲムフォレックスとXMの資産管理方法を比較する

ここでは、ゲムフォレックス最大のライバルXMとの資産管理方法について比較を行っていきます。 ゲムフォレックスとXMは、共に世界トップクラスの海外FX会社。両社の資産管理方法は以下の通りです。
ゲムフォレックス XM
信託保全 なし 一部信託保全 (最大100万ドルまで)
分別保管 あり あり
ゲムフォレックスおよびXMは、どちらも分別保管によって顧客の大切な資産を管理しています。 ただし、ゲムフォレックスとXMの大きな違いは、『XMが一部だけでも信託保全を導入している』ということにあります。 XMはが顧客資産を最大100万ドル(日本円で約1億円)まで保証しているので、ほとんどのトレーダーは全額の資産が返ってくると思って大丈夫です。 もしXMで100万ドル以上の資金を稼いでいるトレーダーがいるのでしたら、口座残高が100万ドルを越えないよう、こまめに出金するなど調整するようにしておきましょう。 100万ドル以内であれば、XMの信託銀行からしっかりと保証を受けることができます。

まとめ

今回の記事では、ゲムフォレックスの信託保全と資産の管理方法について、ライバル会社のXMとの比較を交えながら見てきましたがいかがでしたか? 日本人トレーダーであれば、海外FX業者を利用する際、資産管理方法についてもしっかり知っておく必要があります。 これから海外FX業者を利用するという方、もしくはすでに現在利用している方でも、FX業者の資産管理方法については事前に自分でしっかりと確認しておきましょう! 大切な資産を守るために、今回の記事で紹介した内容が参考になれば幸いです。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。