FX Fair出金拒否の真相【最新情報】

先々の生活のため、単なるお楽しみのため……FXトレードをおこなう目的はさまざまです。
国内FXよりも海外FXのほうが条件的にはかなり魅力的なのですが、やはり心配になってくるのが出金拒否です。
FX Fairは海外FX業者として比較的新しい部類に入るのですが、新しいからこそ出金面で不安もあるでしょう。
そこで今回は、FX Fairに出金拒否があるのかどうか、またFX Fairで出金できないときに考えられる原因についてお話ししていきたいと思います。

FX Fairに出金拒否はあるの?

結論から言ってしまうと、出金拒否はあります。
ただし、一般的にイメージされる悪徳業者による出金拒否ではなく、FX Fair側がルールに基づいて正当な理由を持っておこなっている出金拒否になります。
出金拒否と一口に言っても、ユーザー側に問題があるケースもありますし、FX業者側に問題のあるケースもあるのです。
ユーザー側に問題があってFX業者側が出金拒否をすることはおかしなことではありませんし、それは健全な運営を続けていくために必要なことです。
FX Fairでの出金拒否に関しては、ユーザー側が問題のある取引をおこない、それを自覚しないまま出金拒否がおこなれ、ユーザー側が騒いでしまうというケースが多い印象です。

FX Fairにおける過去の出金トラブル

FX Fairにおける過去の出金トラブルについてですが、新しい海外FX業者ということもあってか「○○事件」のような大きな出金トラブルはありません。
ただ、Twitterの投稿を見ていると出金拒否というキーワードでの投稿は目立つ傾向にあります。
その中でも特に気になったのが「普通に裁量トレードをしていただけなのに何千万単位で出金拒否にあった」という投稿でした。
これについては「レートのエラーを正しいレートへ修正したために出た影響で、元金は出金できる」といった呼びかけをしている方もいましたが、もうひとつ考えるべきことがあります。
それはFX Fairではボーナスが付くEA口座での裁量取引が原則として禁止されているということです。
つまり、「(ボーナスが付くEA口座で)普通に裁量トレードをしていた」という場合、ユーザー側が知らず知らずのうちにFX Fairで禁止されている取引をしてしまっていたということになります。
その後の報告がないためわからないのですが、Twitter上では「出金拒否をされたと訴えている人は確かに多いものの、そういう人ほど問題のありそうなトレードをしている」といった見方をしている方もいます。
すべてを鵜呑みにはできないということです。

FX Fairで出金できないときに考えられる原因

繰り返しになりますが、FX Fairでは悪質な出金拒否はおこなっていません。
あくまでもユーザー側に問題があるとFX Fairが判断した場合にのみ、出金拒否がおこなわれるようになっています。
つまり、FX Fairで出金ができなくなったときにはユーザー側に何かしらの原因があると考えたほうがいいのです。
その原因として考えられるものをいくつかピックアップしていきましょう。

本人確認書類が提出されていない

FX Fairに限らず、基本的にどこの海外FX業者でも本人確認書類を提出後でないと出金はできません。
本人確認書類を提出しないままの出金申請であれば、その申請は当然拒否されます。
ちなみに、FX Fairでの本人確認では以下の3点が必要になります。

本人確認書類
  1. 身分証明書
  2. 発行から3か月以内の住所証明書
  3. 身分証明書を持った自撮り画像

ボーナスの出金条件を満たしていない

FX Fairはボーナスキャンペーンが開催されることもあります。
ボーナスそのものは出金できませんが、ボーナスを使って得た利益は出金が可能です。
その際に、2つの条件があります。

ボーナスの出金条件その1 5ロット以上の取引
ボーナスの出金条件その2 5,001円以上の入金

ボーナスで得た利益を出金するためには、このどちらかを満たす必要があるのです。

口座の名義人が本人と異なる

FX Fairでは入金した銀行口座と出金する銀行口座の名義が同じでないと、出金拒否となります。
これはマネーロンダリング対策なので、「家族の口座だから……」といった言い訳は通用しません。
基本的に入金した銀行口座にしか出金をすることができないので、複数の口座を持っている方は注意しておきましょう。

制限額以上の出金申請をしている

FX Fairではポジションを保有している状態でも出金自体は可能です。
ただ、その際には証拠金が80%以下になるようにしておかなければいけません
この制限額以上の出金申請をするといきなりロスカットされる可能性がありますので、制限額以上の出金申請があるとFX Fairはユーザーのことを考えてあえて出金拒否をするのです。
計算してからの出金でもいいですし、計算が面倒なのであればシンプルにポジションを決済してから出金するようにしましょう。

出金申請が5,000円以下になっている

FX Fairでは最低出金額が5,000円に設定されています。
この金額を下回る出金申請は基本的に拒否されると考えておきましょう。
出金方法によって最低出金額は異なってきますので、その点も注意しておきたいところです。
FX Fairは20万円以下の出金には手数料が1,500円かかってしまいますので、こまめな出金よりも20万円以上になってからの出金をおすすめします。

禁止されている取引をおこなってしまった

FX Fairでは禁止されている取引がいくつかあります。

禁止されている取引 禁止されている理由
複数の口座での両建て ゼロカットシステムの悪用につながるため
市場価格が大きく動くときの多額の取引 ゼロカットシステムによってFX Fairに大きな負担がかかるため
サーバーに大きな負荷のかかる取引 サーバーダウンにつながるため

これらはあくまでも一例ではありますが、どれも知らなかったでは済まされないものです。
悪意がなくともFX Fairが「禁止行為をおこなっている」と判断すれば、問答無用で出金拒否となります。
両建てに関してはひとつの口座での両建て、同一口座での両建ては禁止されていません。
また、市場価格が大きく動くときの多額の取引については禁止されている以前に、リスクが大きすぎます。
仮に禁止されていなかったとしても、手を出すべき取引ではないでしょう。
そして、サーバーに大きな負荷のかかる取引というのは、主にスキャルピングのことを指しています。
FX Fairではスキャルピング自体は禁止されていないのですが、サーバーに負荷をかけると判断される具体的な時間や回数について利用規約などにも記載されておらず、基準がとても曖昧なのでおすすめできません。
スキャルピングをメインで考えているのであれば、万が一のときのことを考えて他の海外FX業者で口座を開設しておいたほうがいいかもしれません。