easyMarkets出金拒否の真相【最新情報】

今の日本では給料も上がらないですし、先々でもらえる年金にももう期待は持てません。
そういった中で、少しでも資産を増やしていこうとFXを始める方も増えてきているようです。
国内FXと海外FXであればやはり海外FXのほうが魅力的なのですが、海外FX業者にもいろいろなところがあります。
今回は海外FX業者の中でも老舗と言われているeasyMarketsに出金拒否があるのかどうか、またeasyMarketsで出金できないときに考えられる原因についてお話していきたいと思います。

easyMarketsに出金拒否はあるの?

出金拒否というと悪質なFX業者が一方的におこなうものというイメージがあるかもしれません。
実際にそういった形での出金拒否もあります。
ただ、だからといって出金拒否をおこなったことのあるFX業者のすべてが悪徳なのかというと話は別です。
というのも、大手の優良なFX業者であっても問題のあるユーザーに対して出金拒否をおこなうことがあるからです。
つまり、ユーザー側に問題がある正当な出金拒否、FX業者側に問題がある不当な出金拒否があるということです。
easyMarketsの場合、そもそもの日本人ユーザーがそこまで多くなく、ユーザーの声が少ないという部分もあるのですが、今のところはどちらのケースにおいても出金拒否はほぼないと考えていいでしょう。

easyMarketsにおける過去の出金トラブル

easyMarketsにおける過去の出金トラブルについてですが、先でも触れましたようにeasyMarketsはそもそも日本人ユーザーがそこまで多くないこともあり、あまり情報は出回っていません。
ただ、大きな出金トラブルが過去にあったのであればやはりそれなりに情報は出回るでしょうから、easyMarketsが過去に大きな出金トラブルを起こした可能性は低いでしょう。
また、Twitter上でもeasyMarketsについてリサーチしてみましたが、やはり情報が少ないです。
2022年10月時点では、「easyMarkets 出金拒否」のキーワードでTwitter検索した結果はたったの4件でした。
4件の内訳は以下の通りです。

1件目 easyMarketsに対するややポジティブの投稿
2件目 easyMarketsでの出金拒否がないとは言い切れない旨の投稿

※ただし、投稿に貼られているリンクは無効

3件目 easyMarketsユーザーによる利益を取り消された旨の投稿
4件目 同じ手法で他の海外FX業者では出金できたものの、easyMarketsでは出金拒否された旨の投稿

3件目と同一のeasyMarketsのユーザーによる投稿

2件目以降が気になるところではあるのですが、2件目はリンク先が確認できませんし、同一のeasyMarketsユーザーによる3件目と4件目の投稿もその後についての報告がありませんでした。

easyMarketsで出金できないときに考えられる原因

Twitter上ではeasyMarketsユーザーによる出金拒否の投稿がありましたが、やはりひとりだけとなるとeasyMarketsが出金拒否をしている明確な根拠にはならないでしょう。
今は海外FXユーザーが増えていますが、「出金拒否だ!」と主張しているユーザー側に実は問題があったというケースも少なくありません。
そのため、easyMarketsで「出金拒否かな?」と思ったらまずは自分に原因がないかを考えていきましょう。
では、easyMarketsで出金できないときに考えられる原因についていくつかピックアップしていきたいと思います。

本人確認書類などが提出されていない、承認されていない

easyMarketsに限ったことではないのですが、基本的にFX業者というのは本人確認が完了してからでないと出金はできません。
そのため、本人確認書類などが提出されていない場合や提出されていてもそれが承認されていない場合には、出金申請をおこなっても出金拒否となってしまいます。
easyMarketsでも本人確認書類などの提出を不備なくおこない、承認されるのを待ってから出金申請をおこなうようにしましょう。

複数口座の口座を保有しようとしている

海外FX業者の中には、ひとりで複数の口座を開設できるようにしているところも少なくありません。
ただ、easyMarketsでは基本的に複数の口座を同時に保有することができず、ひとりにつき1口座までとなっています。
追加の口座を開設することはできません。
それでもどうしてもeasyMarketsで複数の口座を開設したいからといわゆる裏技のようなものに手を出してしまうと、どれだけ大きな利益を得ていたとしても出金拒否となる可能性が高いです。
easyMarketsを利用していくのであれば、easyMarketsで決められていることはきちんと守っていきましょう。

コピートレードをしようとしている

easyMarketsではコピートレードが禁止されています。
コピートレードというのは、プロのトレーダーが公開しているトレードを自動的にコピーしていく手法になります。
とても便利ではあるのですが、easyMarketsではNGです。
easyMarketsでは自動売買をするか、自力での裁量取引をするかという形になります。
easyMarketsでコピートレードをしようすると、禁止行為ということで出金拒否をされるでしょう。

easyMarketsで出金するにあたっての注意点

最後に、easyMarketsで出金するにあたっての注意点についても触れておきましょう。

クレジットカードでの出金は時間がかかる

これはどこの海外FX業者でも同じなのですが、クレジットカードでの出金というのはショッピングのキャンセルや返金と同じ扱いになります。
そのため、出金方法でクレジットカードを選択すると反映されるまでにかなりの時間がかかります。
最低でも数週間はかかるものと考えておきましょう。

海外送金だと手数料が高い

easyMarketsでは海外送金での出金も可能となっているのですが、海外送金の場合、海外銀行口座から中継銀行を経由することになりますので、手数料がかなりの金額になってしまいます。
平均で4000円から5000円くらいなので、海外送金でのこまめな出金はおすすめできません。

どのような出金方法でも銀行口座の登録が絶対に必要

これもeasyMarketsに限ったことではないのですが、基本的にどのような出金方法を選択したとしても銀行口座の登録は必ず必要になります。
要は、銀行口座を持っていないとeasyMarketsでの出金はできないということです。
ほとんどの方がすでに銀行口座を持っているとは思いますが、出金にあたっては自分にとって使いやすい銀行口座を選ぶようにしておきましょう。
もちろん、海外FXで得た利益を貯めていくための専用の口座を作ってしまうというのもひとつのやり方です。