BigBoss vs GEMFOREXの取引条件・ルールを徹底比較

海外FX業者の中でも人気の高いと言われるBigBossとGEMFOREX。名前は聞いたことがあるけど、どんなサービスを行っているかイマイチわかっていない人もいるでしょう。また中・上級者の中には、スキャルピングはできるのか?EAは使えるのか?プラットフォームはMT5使えるのか?なども気になるところ。

今回はBigBossとGEMFOREX、それぞれの取引条件・ルールについて見ていきたいと思います。

BigBossの取引条件・ルール

BigBossは極狭スプレッドのためEAやスキャルピング、デイトレードにも最適の海外FX業者です。2013年Prime Point LLCが設立し運用開始した海外FX業者でまだ10年の歴史しかありません。本社はニュージーランドにあります。Bigbossは、世界最大の金融インフラEQUINIX(エクイニクス)社でサーバ構築を行っており、約定率の高さには目を見張るものがあります。そのためもスプレッドも狭いという特徴です。日本語対応がしっかりしている点も安心できるポイント。日本人スタッフも複数名いるため、日本語サポートで困ることはほぼないでしょう。また、クイック口座開設では本人確認書類提出を後回しにして口座開設、すぐにトレード開始することができます。
海外FX初心者や、すぐにトレードを始めたい人向きの海外FX業者といえるでしょう。

最大レバレッジ 999倍
スキャルピング 可能
追証(追加証拠金) なし
ゼロカットシステム 適用
自動売買ソフト(EA) 利用可能
マージンコール 50%
ロスカット水準 20%
取引方法 NDD方式
取引ツール MT4・MT5
日本語サポート お問い合わせフォーム、メール、オンラインチャットによる日本語対応あり
金融ライセンス セントビンセントグレナディーン(SVG IBC番号:380 LLC 2020)

といった特徴を持っています。基本的にはあまり制限はありませんし、ロスカット水準も20%とそれほど高くないので、長くポジションを持つことができそうです。NDD方式のため透明性も高いのが特徴となっています。

GEMFOREXの取引条件・ルール

常時開催の破格ボーナスで有名な海外FX業者である、GEMFOREXは2014年にサービスを開始した海外FX業者です。現在の口座開設数は63万を突破(2022年6月現在)、最大5,000倍のレバレッジを売りに利用者を増加しています。GEMFORXの特徴は、ボーナスキャンペーンの充実度と150以上のEAツールが無料でダウンロードできる点にあります。ボーナスはほぼ常時開催されており、他社比較してもボーナスの豪華さは破格です。口座開設を行えばEAやミラートレードが無料で利用できるのはお得です。

最大レバレッジ 5,000倍(レバレッジ5,000倍口座のみ、オールインワン口座、ノースプレッド口座は1,000倍)
スキャルピング 可能
ゼロカットシステム 適用
自動売買ソフト(EA) 利用可能
ロスカット水準 20%
取引方法 DD方式とNDD方式の両方という噂
取引ツール MT4・MT5
日本語サポート お問い合わせフォーム、メール、チャットでの問い合わせが可能
金融ライセンス モーリシャス金融ライセンス番号:GB21026537

注目すべき点は、最大レバレッジが5,000倍ということ。最近まで1,000倍だったレバレッジですが、限定口座として開放されていたレバレッジ5,000倍口座が常時開設にとなりました。その結果、他の海外FX業者を圧倒するレバレッジを売りに出来るようになっています。しかしながら、レバレッジ5,000倍のトレードを行うにはいろいろと制限ンもありますがとても魅力であることには変わりありません。

取引条件・ルールから見るBigBoss vs GEMFOREXどちらが口座を開きたい海外FX業者?

BigBossとGEMFOREXの取引条件を見る限り、レバレッジを除けばあまり大きな違いはないとみていいでしょう。スキャルピングやEAも可能ですし、ロスカット水準も同水準。それであれば、どちらを選んでもあまり変わりがなさそうにも思えます。あえてツッコミを入れるのであれば、BigBossがNDD方式であるのに対し、GEMFOREXは一部DD方式の噂があることです。NDD方式であるとも明言している訳ではないのですが、トレード形態からするにDD方式の疑いがぬぐえません。そのため不透明な取引を嫌う方であればNDD方式だと公式サイトで謳っているBigBossの方が安全な海外FX業者であると言えます。BigBossであれば約定率も高いという評判もありますし、スリッページも少なく安心かもしれませんね。